再生数・登録者は買えるの?GoogleAdWordsで動画を宣伝してみた

再生数が欲しい…

チャンネル登録者数が欲しい…

お金払ってでも欲しい!!!

そう思う人も少なくはないんじゃないでしょうか?

チャンネル登録者を買うのは規約違反

Youtube規約ではNG行為なので
チャンネル登録者を買うのはやめましょう

チャンネルBANの処分になる可能性が高いですし
リスクしかありません!


広告


再生数は買える?

動画PR広告を出して再生数を伸ばす方法

GoogleAdWordsという広告を出すサービスがあります

これを、Youtubeで使うと
特定の動画ページに、広告を表示することができる

日産自動車の動画に誘導する広告がついてます-min

この画像では、KAZUYAチャンネルの動画に
日産自動車の動画に誘導する広告がついてます

KAZUYA Channel:年収は?政治系ユーチューバー(ネトウヨ?)
YoutuberのKAZUYA Channelさんの紹介をします。 あなたに合う動画を作っているかどうか、 判断材料にしてみてください。...

広告の種類

・インサーチ広告
・インストリーム広告
・インディスプレイ広告

主にこの3種類に分けられます

インサーチ広告とは

Youtubeの動画検索結果ページに表示されます

インストリーム広告とは

動画の枠内に流れるCM広告

5秒でスキップできるものと、
スキップできないタイプがあります

・30秒以上動画を見られた場合
・視聴者がリンク先に飛んだ場合

に、広告費用が発生する仕組み


広告


インディスプレイ広告とは

パソコンでは画面の右上
スマートフォンでは動画の下に
広告のサムネイルが表示されます

・広告をクリックしてリンク先に飛んだ場合

に、広告費用が発生する仕組み

GoogleAdWordsで動画広告を出してみた

当サイトが1年前に作った動画で実験
(効果があると良いな)

有名Youtuberのオープニング・エンディングを考察してみた
※2016/05/15 に公開

この動画を、動画広告でPRしてみました

※動画広告を出す前の再生数:15,141回

Youtubeで動画広告を出す方法

動画管理画面に移動し、
「編集」の横の「▼」を押して…

Youtubeで動画広告を出す方法-min

「宣伝する」を選択

Youtubeで宣伝するには-min

「動画を宣伝」をクリック

「動画を宣伝」をクリック-min

広告費用(予算)を入力する

広告費用を入力する-min

すると、

推定視聴回数
広告表示回数

が表示される

推定視聴回数-min
広告を見せるターゲットを決める
宣伝する動画に興味ありそうな人に見てもらうように
ターゲッティングしましょう!

広告を見せるターゲットを決める-min

「次のステップ」を押す

見出し広告文を決める

見出しと広告文を決める-min

あとは、GoogleAdWordsにログインして完了
(ユーザー登録してない場合は、登録画面に移行します)



広告





税金対策に対策になる

ユーチューバーにとって再生数

稼ぐYoutuberは税金でガッポリ持って行かれます

節税対策に失敗し税金700万円払ったユーチューバーの話。経費は計画的に!
人気ユーチューバーともなれば 月収100万円を超える人も少なくありません そんな中、シバターが節税に失敗して、 法人税を700...

税金でガッポリ持って行かれるくらいなら
経費として動画PR広告を出して
自分の動画を伸ばすのは1つの節税対策になりそうです

GoogleAdWordsで動画を宣伝まとめ

狙いたいターゲット層を絞って表示できる

・動画の近くに表示されるインディスプレイ広告

・動画の枠内に流れるインストリーム広告

・好きな予算で広告を組める

節税対策にも使える

follow us in feedly にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村
広告
Topページに戻る

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

人気配信者・ユーチューバーになる方法まとめ

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

フォローする