ゲーム実況を始めたい人向けのキャプチャーボード・AVT-C878


ゲーム実況者になりたい!

そのために必要不可欠なキャプチャーボード
個人的にオススメなAVT-C878の紹介記事です

記事を書いてる私自信も、実際に持っているので
自身を持ってオススメできます

AVT-C878の特徴

・1080p/60fps完全対応
・優れたハードウェアエンコード
・パススルー機能あり
・遅延が非常に少ない(約0.2秒)
・ゲーム実況(録画)も生配信も対応可能
・ドライバのインストール不要
・キャプチャーソフト付き(RECentral)
・Win/Macどちらでも使える

簡単に言うと
使いやすくて、高画質

それがAVT-C878です!

60fps対応なので
ぬるぬるとスムーズに動く映像を録画できます



広告





接続できるゲーム機

AVT-C878は「HDMI端子」で接続できます

・PS4
・Swichi
・Wii U
・Xbox 360
・Xbox One

変換器を使えば他のゲーム機でも使えます

例えばiPhoneでゲーム実況をしたい場合は
Lightning – Digital AVアダプタを使えばOK

Lightning – Digital AVアダプタを購入する

PC録画モード

ゲーム機⇔AVT-C878⇔パソコン

というような形でパソコンとゲーム機を繋ぎ
ライブ配信をするモード

必要スペックは

CPU:Core i5-3300以上
GPU:GeForce GTX 650以上
メモリ:4GB以上

ノートPCの場合は

CPU:Core i7-4710HQ以上
GPU:GeForce GTX 870M以上
メモリ:8GB以上

単体録画モード

ゲーム機⇔AVT-C878⇔ディスプレイ

パソコンを使わずにゲームを録画するモード

AVT-C878を使ってるユーチューバー

カズチャンネル

モンスタージョンTV

コジマ店員

AVT-C878を購入する

AVT-C878まとめ

・1080p/60fps完全対応
・優れたハードウェアエンコード
・パススルー機能あり
・遅延が非常に少ない(約0.2秒)
・ゲーム実況(録画)も生配信も対応可能
・ドライバのインストール不要
・キャプチャーソフト付き(RECentral)
・Win/Macどちらでも使える

AVT-C878を購入する

(追記)

上位モデルAVT-C878 PLUS

大人気のキャプチャーボード・AVT-C878
その上位モデルも発売しました!

なんと、4K映像パススルー出力が可能!
4Kの超高画質を超低遅延でできちゃう優れモノ

AVT-C878 PLUSを購入する

follow us in feedly
広告
Topページに戻る

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

人気配信者・ユーチューバーになる方法まとめ

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

フォローする