カリブラ英語禁止の謝罪動画|低姿勢マニフェストで英語を学ぶ側になる

先日、ユーチューバー界隈を大きく騒がせた

PDRさんによる、

カリスマブラザーズ英語力の無さ&無責任イキり問題

PDRさんがカリブラの英語力の無さを鋭く指摘するDis動画が話題に
2大事務所が誇るイケメン同士の対決!? ジェネシスワンのイケメン・PDRさん が UUUMのイケメン・カリスマブラザーズ に対し...

カリブラ反省&謝罪動画を投稿しました

動画内では英語禁止w

謝罪動画では、英語禁止ボーリングのように

英語を使った瞬間、
東海オンエアてつやに叩かれるという
ちょっとユニークな謝罪動画でした笑

ただ暗すぎるだけの謝罪動画よりは
ユニークが聞いていてユーチューバーらしくて良いなと思いました笑

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%96%e3%83%a9%e8%ac%9d%e7%bd%aa-min

カリブラ低姿勢マニフェスト

イキり80%OFF

今までのカリスマブラザーズには満身があり、
英語ができない人に対して失礼な態度を取っていた

これからは、上から目線で調子乗りすぎないように
動画作りを心がけると誓っています

低姿勢に学ぶ英語

今までのカリスマブラザーズ

「英語ペラペラなキャラ」

でやってきた

だが、実際には間違った英語を人に教えていたことを反省し、
これからは、英語が不完全な人間の集まりとして
カリブラ自身が、低姿勢な気持ちで英語を学ぶ側になり
動画を作っていくと誓っていました

体脂肪率10%OFF

心だけでなく、
たるんだ身体も絞って引き締めていこうと心がけるそうです

これはオチというかネタですねwwww

http://b9good.com/new/166184.html

カリスマブラザーズ謝罪動画

カリブラ謝罪&心機一転動画の感想

まず、謝罪動画に
東海オンエアリーダー・てつやを起用したのは良い判断ですね!

東海オンエアカリブラは動画でコラボしたり交流が深いですし
何より、東海オンエア
PDRさんと所属事務所が同じジェネシスワンです

カリブラPDRさんの騒動の
間に入る人物としては最適な人物だったと思います!

東海オンエア:月収(収入)・事務所・彼女は?メンバー紹介
Youtuberの東海オンエアの紹介をします。 あなたに合う動画を作っているかどうか、 判断材料にしてみてください。 東海オン...

自らが売りにしていた「英語」が使えなくなり
追い詰められつつあったカリブラ
誠意かつユーモアのある謝罪動画だったと思います

今までの「英語ペラペラキャラ」カリブラ
確かに勢いがありました

カリスマブラザーズは、なぜ人気なのか|イケメン集団・海外・英語
最近大人気のカリスマブラザーズ! その人気の秘訣は一体どこにあるのか! カリスマブラザーズの人気の秘訣に迫ります! カリスマブラザ...

しかし、PDRさんの指摘により

カリブラは間違った英語を人に教えている」
「英語できない人を馬鹿にするイキりがあった」

ことが顕になりました

PDRさんがカリブラの英語力の無さを鋭く指摘するDis動画が話題に
2大事務所が誇るイケメン同士の対決!? ジェネシスワンのイケメン・PDRさん が UUUMのイケメン・カリスマブラザーズ に対し...

成長のキッカケを与えられたカリブラ

今回の謝罪動画でカリブラ

「英語を教える側」から
「英語を学ぶ側」としてリスタートすることになります

たしかに今までの武器が使えなくなったのは痛手かとは思います

しかし、実際のカリブラの英語力はハリボテでしたし、
いつまでもそれに頼っていたら、
カリブラの限界も早かったんだと思います

ある意味、PDRさんの指摘Dis動画は
カリブラにとって成長のキッカケを与えたとも言える気がします

今後のカリスマブラザーズ
どのようなユーチューバーとして成長していくのか楽しみです!

follow us in feedly にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村
広告
Topページに戻る

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

人気配信者・ユーチューバーになる方法まとめ

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

フォローする