インスタの縦動画アプリ・IGTVは稼げる!?使い方まとめ

ユーチューバー1強時代に終止符!?

Instagram(インスタグラム)の動画アプリ「IGTV」が登場!

IGTV(インスタTV)とは

2018年6月20日に発表された
画像投稿型SNS・Instagramの動画アプリ

分かりやすく言うと

インスタ版のYoutube!

インスタ版のTik Tok!


広告


今までは
1分までの動画しか投稿できなかったインスタが

なんと、最大60分までの縦動画を投稿できるようになりました!

動画サイト界に新たな新勢力が誕生しそうな予感!

IGTVのアプリだけでなく
Instagramのアプリからでも利用できます!

右上の方にある赤枠の部分を押すとIGTVを利用できます

インスタのストーリーとの違いは?

ストーリー 15秒の動画&24時間限定配信
インスタ 1分以内の正方形動画
IGTV 最大60分の縦画面動画

長い縦動画を投稿できるようになったのが最大の特徴です

フォロワーは引き継がれる

IGTVではインスタのフォロワーが引き継がれます

今までインスタで交流していた
フォロワーさんに向けた動画を出すことが可能です

1からフォロワー増やしを始める必要がないのが嬉しいですね!

インスタ映えする写真の撮り方&人気者になるコツまとめ【バズらせよう】
「インスタ映え」とは 写真投稿型SNS・インスタグラム(Instagram)にて 見栄えの良い写真のことを指し示す言葉 「インスタ...

縦動画専用

Youtube等、多くの動画配信サイトでは
横動画が基本でした

IGTVでは縦の全画面表示で動画が再生されます
Tik Tok(ティックトック)と同じような感じですね!

引用:下記アプリDLページより

【インストール】

Iphoneアプリ

Androidアプリ


広告


チャンネルを作って動画投稿をしよう

IGTVで動画投稿するには
チャンネルを作る必要があります

作り方はとっても簡単!

IGTVのトップ画面で
自分のアイコン(赤枠の部分をタップします

動画投稿

IGTVの動画投稿のフォーマットは

15秒~10分の動画
・縦動画(アス比5:4~16:9)
・フォーマットはMP4
・動画サイズは650MBまで

※フォロワーが多い認証済みアカウント
 60分までの動画を投稿することができる

※60分の場合は動画サイズ5.4GBまで可

※2018年7月現在

詳しくはインスタのヘルプページを参考

動画をアップロード」をタップして
投稿したい動画を選んで、右上にある「次へ」を押す

・動画タイトル
・投稿文
・カバー(サムネイル画像)

などを設定し、「投稿する」を押すと
動画がアップロードされます

Facebookと連携することも可能です

動画編集アプリ

スマホで動画編集してから
IGTVに投稿したい人向けに
オススメの動画編集アプリを紹介します

参考にしてみてください

iPhoneの動画編集アプリは「完璧なビデオ」がオススメ
iPhone1つあればユーチューバーになれる時代! そこで今回は 動画編集アプリの紹介・使い方 の記事です! 実写動画や、ゲーム実...
iPhoneの動画編集アプリ・iMovieはカット編集が簡単!
iPhone1つあればユーチューバーになれる時代! そこで今回は 動画編集アプリの紹介・使い方 の記事です! 実写動画や、ゲーム実...

IGTVを見る

前後の動画を見る

Tic Tokと同じように
画面上で左右にスワイプすると
前後の動画に移動することができます


広告


コメント、いいね等をつける

画面上で下方向にスワイプすると
イイね!コメント等をすることができます

動画を検索する

ホーム画面の虫眼鏡マーク
IGTVを検索」を押すと
動画を検索することができます

タイトルキーワードユーザーID等で検索して
アナタが見たい動画を探しましょう!

IGTVで稼げるの?広告収入など

2018年7月時点では
Youtubeのようなクリエイター広告収入はありません

しかし、Instagramという巨大コンテンツなので
その内、広告収入が得られるようになる可能性は十分にあります

というか、シストロム氏(Instagram共同創業者)は
クリエイターが稼げる仕組みを作りそうな発言をしています

まずは顧客ベースの構築に注力していきます。

初めのうちは広告はありませんが、
クリエイターが動画の作成に
多くの時間を費やしている以上、
彼らには収入を得るための手段が与えられるべきです

※シストロム氏(Instagram共同創業者)の発言

引用:https://wired.jp/2018/06/22/igtv-instagram/

IGTVクリエイターが稼ぐ仕組みは作る方針のようです

また、ある程度の影響力がある人
すなわち、インフルエンサーなら
企業案件で稼ぐことはできそうです

ここらへんはYoutubeと同じですね
インフルエンサーならどのSNSでも企業案件で稼げます

生放送Liveにも対応予定か

将来的には生放送にも対応予定の模様

生放送ができれば
投げ銭システムなどの導入で
配信者が稼ぐという手段もできそうです

画像・動画に加えて
生放送まで対応したら最強の配信サイトになるかもしれませんね


広告


IGTVの将来性

インスタと言えば陽キャ

陽キャメインの動画サイトとして
一大勢力になりそうな予感がします

そして、昨今では
Youtubeの規約が日に日に厳しくなり
ちょっとしたことでもアカウントBANされることも多いです

そんな中、
新たな動画SNS・IGTVはいい受け皿になるかもしれません

また、芸能系モデル系の人の利用が多く
そういったコンテンツが好きな人は
IGTVを視聴するユーザーになりそうです

美容系ユーチューバー
Youtubeだけでなく
IGTVでも活躍するようになるかもしれません

髪の毛の乾かし方が分かる!ドライヤーを使ってヘアセットしよう!
髪の毛の乾かし方が分からない ドライヤーでどうブローすればいいの? 髪型セットの基本はまずブローから! ドライヤーの使い方を覚...
毛穴の汚れ、角質を落としてツルツル肌になろう!オススメ動画
顔の毛穴、気になっちゃう人は多いですよね… 毛穴をキレイにして美顔になりたい そういう悩みがある人も男女ともに多いハズ… ...
崩れない!前髪のセット方法を動画で学ぼう!男女別のやり方【簡単】
前髪のセットの仕方が分からない 前髪がすぐ崩れてしまう… 前髪に悩む オシャレをしたい男女 に朗報! 前髪セットのやり方 動画を男...

Instagramという巨大なバックボーンがあるので
企業案件広告収入
ユーチューバー並みに稼げるようになる可能性もあります

Instagramの月間アクティヴユーザー数は

驚異の10億人

全世界で7人に1人が利用している計算に!!

インスタ映えする写真の撮り方&人気者になるコツまとめ【バズらせよう】
「インスタ映え」とは 写真投稿型SNS・インスタグラム(Instagram)にて 見栄えの良い写真のことを指し示す言葉 「インスタ...

Youtubeに比べると
小学生以下のキッズが少なそうなので
広告単価は高めになるんじゃないかなと予想

ただ今の所、パソコンからの利用はできないので
PCユーザーは利用することができません

スマホ世代の若い人向けの縦動画型SNSだと言えます
メインターゲットは10代後半~30代くらいかな

Youtubeを意識したインスタが作った
動画SNSがIGTVって感じですね

Youtubeがクリエイターを囲い込み?

インスタグラムのIGTVができたことにより
Youtube側も人気クリエイターをお金で囲い込んでいるという噂も…

DIGITAL MUSIC NEWSによると、
YouTubeはそんなトップ・ユーチューバーたちに、
裏で6~7桁ドルを渡して
引き止めているって話があるんです。

つまり何千万円から何億円という袖の下をあげて、
「うちで続けるよう、ヨロシク頼むよ」と
大人の事情が炸裂。

これはあくまでウワサの粋を出ないのですが、
YouTubeとしては、自分たちの人気者たちが
そっちに鞍替えしないかと
内心ヒヤヒヤしているんですね。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/15079434/

IGTVの使い方まとめ

・インスタが作った動画SNS

・Tic Tokのような縦動画

・将来的には広告収入で稼げそう

インスタ映え写真から
インスタ映え動画が流行る時代になるかもしれませんね!

「将来の夢はユーチューバー!」

こんな子供が増えましたが
数年後には

将来の夢はインスタグラマー

と答える中高生が増えるかも!?

follow us in feedly にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村
広告
Topページに戻る

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

人気配信者・ユーチューバーになる方法まとめ

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

フォローする