炎上系ブロガー・イケダハヤトとは?現在はYoutuberになる

ブロガー界隈から
イケダハヤト氏がYoutubeに進出したようです

イケダハヤト、Youtuberになる

ブロガー系ユーチューバー

引用:https://liginc.co.jp/life/business/154919

生年月日 1986年5月24日生まれ
出身地 神奈川県横浜市戸塚区
活動地 高知県の山奥
学歴 横浜市立戸塚高等学校卒業
→早稲田大学政治経済学部卒業
職歴 大手半導体メーカー→ブロガー

経歴

1986年5月24日に横浜市戸塚区で生まれる

学歴は
→名瀬小学校
→名瀬中学校
→戸塚高校
早稲田大学政治経済学部卒業

中学時代に「nubonba」というHPを立ち上げて
雑誌で紹介された

大学卒業後は
ルネサステクノロジ入社するも
約1年で退社した

その後、トライバルメディアハウスという
ベンチャー企業に入社するも
こちらも約1年で退社

社会で働くよりも
ブロガーとして収入を得て生きていく道を選ぶ

炎上系ブロガーとして有名人

「ihayato.書店」というブログを
まだ東京で消耗してるの?」に改名

キャッチ―なタイトルでアクセス数が急増し
ライブドアブログでも上位になった

1年で月間200万PV以上になり
アフィリエイトや有料サロンで
年商1.5億円は稼いでると言われている

一部では炎上を狙って何かを煽ることでPVを稼ぎ
それをお金に換えているという指摘もあり

炎上系ブロガーとしても知られている

簡単に説明すると
過激な事を言ったり批判したりすることで
人々の注目を集めるのが上手なんだと思います

アンチいじり」によって
更なるアクセスを得るという手法が上手い

シバターなどの
炎上系Youtuberに近い素質がありそうですw

流石は炎上系ブロガーと言われるだけはありますね!

ユーチューバーになった理由

エンタメ動画を世に出す為ではない
学びたい大人」の為の動画を作りたい

こういう思いからYoutubeに進出

音声だけで学べる」コンテンツ作りを目指しているようです

ブログで稼ぐ」など
既存の労働以外での収入を得る為のコツなどを
動画で説明していくようです

そのほかにもゲーム配信や
ドラム演奏もやるみたいですね

Youtubeで成功するために
1000本以上の動画は投稿したいと思っているようです

著書

年収150万円でぼくらは自由に生きていく

本書読んでみて他のレビューを参考してみたけど、
けっこうひどく書かれていますね。

個人的に、ためになったのは6章です。
それなり得るものはありました。

IT系サイトなどに詳しい人は
あまり既知で参考にならないかも。

著者は、ブログもとに、
それから派生する仕事で生活しています。

ただし、注意が必要なのは、
中学時に2ちゃんのまとめサイトを運営している経験があり、
そういうノウハウがあるから
すんなりブログを立ててアクセスを稼げたと思う

引用

なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術

炎上を恐れない姿勢
(自分の言いたいことを恐れずに伝えること)は
すばらしいのですが、

本書から得られることはほとんどありませんでした。

一番心に響く読者は
まさに炎上を受けている人なのかもしれません。

引用

動画の特徴

ブログアフィリエイトで稼ぐなど
社会人にならずとも稼ぐための手法を
講義形式で教える動画を投稿している

実際に見てみた感想

動画のサムネイルの98%くらいが
文字だけのサムネイルなので
Youtuberのサムネとしてはイマイチな印象

動画投稿のペースはかなり早いので
その点においては優秀

こんな人にオススメ

・ブロガーになりたい人
・アフィリエイトに興味がある人

動画&チャンネル紹介

イケダハヤトCH

チャンネル登録者数:4,311人(2018年10月19日現在)

ブログで稼ぐ入門講座

follow us in feedly にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村
広告
Topページに戻る

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

人気配信者・ユーチューバーになる方法まとめ

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

フォローする