事務所Youtuberと芸能人の進出で、ネット配信の「素人感」が消えた


ネット配信の素人感が消えた時代

ネット配信というものが始まったのは
2002年頃に始まった
PeerCast(ピアキャス)ねとらじが初だった

そこから2006年以降になると
ニコニコ動画、スティッカム
こえ部、Ustream・Justin

様々な配信サイトができ
多くの配信者を生み出していった

当時のネット配信者は素人感がすごかった
芸能人や有名人が来る世界ではない
アンダーグラウンドな面白さがあった

いわゆるTVに飽きた人たち向けの
ニッチなコンテンツとして
ネット配信は発展していった

ただの素人がネット配信の主役という時代だった

素人配信者の終焉、芸能人時代へ

元SMAPの草彅剛
現役Top女優の本田翼

最近では次々と大物芸能人が
ユーチューバーとして活動しだしている

Youtuber側も
ヒカキンマホトヒカル
事務所所属のYoutuberが上位を閉めるようになった

もはや事務所に所属していない
ただの素人の配信者は
ネット配信の主役になれない時代になったと言える

Youtubeの急上昇ランキングを見ても
芸能人Youtuberか事務所所属ユーチューバーが独占している

TVとの棲み分けが消えた

2000年代のネット配信は
テレビ文化に合わない人たち用のコンテンツだった

しかし、ネット配信者のタレント化や
芸能人のYoutuberデビューにより
TVとネットの棲み分けが無くなってきた

Youtube等の配信サイトを見ても
上位を締めるのは個人で活動している素人ではない

ネット配信のメインは
サブカル的なモノではなくなり、
一般メディアに近いメインカルチャーになりつつある

スマホ世代にとってのYoutuber

2013年~2014年頃
一つのパラダイムシフトが起こった

それはスマホの普及

2013年→2014年の1年間で
小中高生のPC利用者が半減したのだ

・ニコニコ動画が衰退している ・昔は面白かった よく耳にするこのような言葉を聞くと 懐古厨(昔は良かったと言う人種)の戯言か… と思う...

2013年以前は
ネットコンテンツを楽しむ大半の人が
パソコンで閲覧していた

しかし、2014年になると
スマートフォンでネット配信を見る時代に変貌した

これにより
ネット配信の視聴者のライト層化が加速した

今までパソコンを持っていない
普段からテレビでコンテンツを楽しんでいた人が
次々とネットコンテンツ視聴するようになった

スマホ世代の若者にとってみたら
ヒカキンなどのトップYoutuberはまさに憧れ

小中学生の将来なりたい職業ランキングでも
Youtuberが上位に来るなど
考え方のパラダイムシフトが起こったと言える

Youtuberになりたいとか無職じゃん…

と大人世代は揶揄するけれども
スマホ世代にとってのYoutubeスターは
TVタレントと変わらない「憧れの存在

芸能人・有名人のYoutuber進出

・本田翼
草彅剛
ダルビッシュ有
・カンニング竹山
ねづっち
板東英二
吉田朱里(MNB48)等など

アイドル
タレント
モデル
芸人
アスリート

有名人が次々とYoutubeに進出した

今や有名人・芸能界隈の人が
インフルエンサーとしての集客の重要性に気付き始めた

特に、本田翼
日本史上最速でチャンネル登録者数100万人を突破するなど
多くの話題を生み出した

この影響で、今後も有名人のネット進出は加速するだろう

芸能人Youtuberの強み

素人配信者と違い
芸能人はユーチューバーに進出しやすい

まず第一に
既に一定のファンがいるのでスタートで躓きにくい

2007年ごろの黎明期なら
素人でも動画投稿者が少なかったので伸びた

しかし、ネット配信者が飽和している現在
普通の素人が動画投稿を始めても
無名なのでどんなに面白い動画が投稿されても

まず埋もれて再生数が1000も行かない!

その点、芸能人Youtuberは
投稿すれば一定数の数字は取りやすい
ねづっちみたいな例外もあるが…)

そして第二に
事務所が動画編集をしてくれる

多くの芸能人ユーチューバーをみるに
動画編集は事務所の人がやってるケースが多い

動画編集は地味だがとても大事な作業
1本の動画に5時間ほどかかる場合もあり
個人Youtuberにとって大きなハードルになっている

事務所のバックアップで動画編集してくれるというのは
Youtuber活動にとって非常に有利と言える

恐らくだが、ねづっちが伸びなかったのは
事務所ではなく個人で編集していたからではないかと思う

女Youtuber(事務所所属)が本田翼に敗北宣言

本田翼がきたことで
敗北宣言する女性ユーチューバーが多い

てんちむ(元子役・橋本甜歌)までもが
敗北宣言してゲーム実況を止めている

元々知名度がある人ですら白旗上げる
配信サイト超戦国時代

はたして、個人配信者は生きて行けるのだろうか?

個人配信者の需要も”ある”と思う

事務所Youtuberや
芸能人のユーチューバー化によって
素人配信者は淘汰されるのだろうか?

素人は愛着が武器

ネット配信は愛着が武器になると思う

芸能人がYoutubeに進出しても
初期は話題性で伸びるが、愛着がないので
右肩下がりになる傾向が強い気がする

吉田朱里のように
ちゃんとしたテーマ性があるなら別だが
テーマ性もなしにYoutuberになっても
一発屋で終わることが多くなる予感がしている

ヒカキン等の
事務所Youtuberは相変わらず強い時代が続くと思う

企業案件が多くなり飽きられる未来も見える
何だかんだ配信者として活動していくには
事務所の力はかなりの手助けになると思う

個人配信者は伸びるのは難しい時代ではあるが
地道に続けていけば100人に1人くらいは花開く気がする

何より個人配信者の視聴者は
配信者に愛着を持つ人が多いので
根強いファンを獲得しやすいように思える

ファンとの距離が近いのがネット配信の良い所だと思うし
そういった需要はまだまだ消えないだろうと思う

follow us in feedly にほんブログ村 ネットブログ YouTubeへ
にほんブログ村


広告


Topページに戻る

人今からでも大丈夫!初心者向けYoutubeの始め方

歌手になるチャンス?20~49歳男女限定のオーディションとは

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

コーディネートの参考にもゼヒ!メンズカジュアルをトータルで販売♪

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

【てんちむプロデュース】着けるダケ理想のバストへ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

Youtuberてんちむ愛用!マジカルシェリー骨盤ショーツ!

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする