protoleaf:プロが教える植物の育て方!園芸・ガーデニング系Youtuber【紹介】


Youtuberのprotoleafさんの紹介をします。
あなたに合う動画を作っているかどうか、判断材料にしてみてください。

protoleafとは・プロフィール

Youtubeに植物の育て方動画を投稿している園芸屋さん

東京を中心に、中部地方・大阪・吸収・岡山などにも支店があります!

「NHK趣味の園芸」講師の 金子明人さん達が
植物の育て方を丁寧に教えてくれるチャンネル

protoleafの企業情報

社名 株式会社プロトリーフ
資本金 5600万円
本社住所 〒108-0073
東京都港区三田1-2-18 TTDビル7F
設立日 2000年10月19日
事業内容 1:園芸資材の製造・卸・小売
2:造園の設計、施工、管理
3:DIY資材の製造・小売

全国数カ所に拠点を構える中々大きな企業さん!

protoleaf社のHPもオシャレです!


広告


プロトリーフ・オンラインショップ

園芸を楽しむオンラインショップ

こちらで、プロトリーフさんの商品を購入できます

植物・お花が好きな人
ガーデニングに興味がある人
動画を見て興味が出た人

是非ともチェックしてみてはいかがでしょうか!

protoleafのYoutuberとしての収入は?

どちらかと言うと、再生数による稼ぎではなく

動画を多く作ることによって、
園芸商品の宣伝がメインの目的だと思います!

再生数自体がそこまで多くなくとも
タイトルと動画内容が明確だと、

Googleの検索結果の上位に表示されやすくなるため、

園芸に興味ある人が、protoleafにたどり着きやすくなります

植物に興味があり、検索した人が
検索結果にprotoleafの動画が上位に表示されるので、
それによって、「植物・花に興味がある人」に向けて
効率的に自社の商品やサービスを効率的に売る

という、企業ならではの戦略で稼いでいる手法かと思われます!

たとえ、10万再生、100万再生されなくても、
自分のところの商品に関心の高い、
見込みの高いお客さんに100回見てもうことは、
とても大きな宣伝効果になると思います!

ちなみに、動画だけの収入予想は40,539 円
2016年7月の動画収入予想で、約50万円

関連記事:Youtuber収入ランキングまとめ

ユーチューバー(Youtuber)収入ランキング|全期間まとめ
気になるYoutuberの収入! あのユーチューバーは毎月どれくらい稼いでいるのかを調査しました! 小学生の将来の夢上位にユーチュー...

protoleaf動画の特徴

コンセプトは

園芸を楽しむすべての人に

動画内容自体が、プロによる教えなので
とても役に立つので、
園芸に興味がある人にとってはありがたい内容です!

実際に見てみての感想

本当に多種多様な植物の動画を投稿しています!

動画で説明する人は何人かいるのですが、どの人も優しそうです!

過去の動画は画質が荒いものも多いですが、
最近はどんどん高画質になっていってる気がしました!



広告





<こんな人にオススメ>

・園芸やガーデニングに興味がある人
・植物が好きな人

<こんな人には合わないかも>

・園芸やガーデニングに興味が無い人

protoleafの動画紹介

protoleafチャンネル

チャンネル登録者数:25,104人 (2016年7月12日現在)

【ユーチューバー辞典】

おすすめユーチューバー・一覧|面白い&暇つぶし動画が見つかる
アナタに合うユーチューバーが、きっと見つかる 総勢100名以上のYoutuber一覧 現在、総勢100名以上のユーチューバーを ...
follow us in feedly
広告
Topページに戻る

ネットで”合法的”に”無料”で「アニメ・ドラマ・映画」を見る方法

人気配信者・ユーチューバーになる方法まとめ

歌い手&実況者向けのマイク・機材を紹介

インスタ映えする写真のコツ&方法まとめ

どれを選べばいい?ユーチューバー向けビデオカメラ撮影機材の選び方

いい声で録音できるオススメのマイク7選

ユーチューバー・歌い手・ゲーム実況者に必要な機材まとめ


【免責事項】
各記事に書かれている内容は、及びネット上に既に拡散された内容を元に
個人の感想を踏まえて書いています

基本的に事実に基づいて書くようにしますが
既にネット上で拡散されていた内容自体に誤りがある場合もあるので、
搭載との記事にも誤りが生まれる場合があることを予めご了承願います。

記事の内容に誤りのある場合や、事実であったとしてもご本人様からの修正、削除依頼は
お問い合わせフォームより連絡いただければなるべく速やかに対応致します。

記事内で使用している画像などについても同様に対応しております。

このサイトについて

フォローする